◆更新情報

2021/09/30 ICT活用計画作成ツールを更新しました。(Ver1.03)
2021/04/26 概要動画を更新しました。

児童一人1台のタブレット端末を活用した授業はできていますか?

「+タブレ・マネージャー」のPR動画をご覧ください。


児童一人1台のタブレット端末が届きました!

 GIGAスクール構想で,学校には児童一人1台端末が整備されていることと思います。 ここ美田園小学校でも児童一人1台のタブレット端末が届きました!ちょっとうれしそうな佐藤教諭(右)ですが,うなだれている吉岡教諭(中)。情報教育主任である岡本教諭(左)が,活用してみることになりましたが・・・

児童は,タブレット端末を活用できる・・・?

 岡本教諭は,さっそく算数の授業で表計算ソフトを活用することにしました。「よーし。子どもたちに,グラフを作らせてみよう!」 しかし子どもたちは,・・・

「+タブレ・マネージャー」で児童の情報活用能力を育成しましょう!

 児童が,授業でタブレット端末を活用するためには,児童の情報活用能力が必要です。「+タブレ・マネージャー」は,発達段階に応じた児童の情報活用能力を育成することができます!

1年後・・・!

 1年後の美田園小学校では,子どもたちが生き生きとタブレット端末を活用し,学びが深まる様子が見られました!

+タブレ・マネージャー」は,児童の情報活用能力を計画的に育成します!

 「+タブレ・マネージャー」は,協働学習・個別学習におけるICTの活用により,発達段階に応じた児童の情報活用能力を,計画的に育成しようとしている先生方のためのICT活用計画サポートパックです。
 宮城県においては,教科指導におけるICT活用の推進の方針として「MIYAGI Style」が提案されています。この提案に基づいた教員用研修資料として,宮城県総合教育センターでは,一斉学習におけるICT活用(MIYAGI Style Ver.1)についてはタブレット端末活用動画集「+タブレ,協働学習・個別学習におけるICT活用(MIYAGI Style Ver.2,3)についてはタブレット端末活用研修パック「+タブレ2.0」等を作成し,公表してきました。
 しかし,これらの資料では,児童生徒の情報活用能力の計画的な育成には言及されていませんでした。
 そこで,宮城県総合教育センターは,児童の情報活用能力を計画的かつ段階的に育成することを目的としたICT活用計画サポートパック「+タブレ・マネージャー」を開発しました。


 


さっそく始めてみましょう!「+タブレ・マネージャー」の概要へ