タブレット端末活用研修パック「+タブレ2.0」

タブレット端末活用研修パック「+タブレ2.0」とは

 「+タブレ2.0」は,協働学習や個別学習におけるICT活用(MIYAGI Style Ver.2,3)を実践しようとしている先生方のための研修パックです。

+タブレ2.0ロゴマーク


 令和元年12月に文部科学省が公表した「教育の情報化に関する手引」では,「これからの学びにとっては,ICTはマストアイテムであり,ICT環境は鉛筆やノート等の文房具と同様に教育現場において不可欠なものとなっている」と述べられています。同じく12月に文部科学省が公表した「GIGAスクール構想の実現」では,小・中学校で児童生徒一人一台のコンピュータ端末を整備する方針が具体的に示されるなど,教育現場ではICTを活用した学習活動の更なる推進が求められています。

 「+タブレ2.0」には,協働学習・個別学習におけるタブレット端末の活用場面をイメージするための研修用動画や進行マニュアルなどの研修会資料を収録しており,研修会担当者が負担なく研修会が実施できるようになっています。その他にも,実践に役立つ補助資料を数多く収録しており,充実した研修を行うことができます。

研修の流れ

 「+タブレ2.0」は,児童生徒がタブレット端末を活用する協働学習・個別学習について「イメージを持つ」「体験する」「共有する」という3つのステップで研修することができます。

 

 研修は,各校の実態に応じて内容や研修時間を設定することができ,1回の研修会は約30分程度の短時間で実施することができます。また,ステップ1とステップ3の研修は個人で研修することもできます。

こんな研修ができる

  • ICTの整備状況や活用状況に合わせた研修を構成することができます!
  • 最短構成ならステップ2(20分)だけでも研修することができます!
  • 研修用動画と研修会資料の活用で個人でも研修することができます!

受講者、担当者の声