専門研究 成果一覧のタイトルロゴ
宮城県総合教育センターのページへ
資料名をクリックすると,全文を閲覧できます。
*所属校は平成26年3月現在
研究領域 研究主題・副題・概要

専門研究員

(所属校*)

資料
授業改善
学力向上

【主題・副題】

 児童生徒の学力向上を目指す授業改善

 -「記述する力」を高める授業支援プランの作成を通して-

【概要】

 全国学力・学習状況調査の結果分析から,記述して解答する問題に対する正答率の低さが課題となっている。そこで,本研究では「記述する力」を高めることを通して,児童生徒の学力向上を目指すこととした。「記述する力」を高める手立てとして,小学校・中学校9年間を見通して指導するための系統表,記述する場面を効果的に位置付けた授業アイディア例を作成する。これらを授業支援プランとしてまとめ,その活用を図った授業改善を目指す。本研究では全国学力・学習状況調査で,本県の課題にもなっている算数・数学科において,授業支援プランを作成し提案した。

本田 正晴

(柴田町立槻木中学校)

三塚 隆洋

(大崎市立古川第二小学校)

相澤 洋之

(石巻市立石巻小学校)

ダイジェスト版

(PDF 2.4M)

研究報告書

(PDF 6.2M)

補助資料

(PDF 5.3M)

授業支援プラン(Webサイト)

   
理科教育

【主題・副題】

 生徒が観察,実験に目的意識をもって取り組む理科授業

 -小学校との接続を意図した事象提示と働き掛けを通して-

【概要】

 本研究は,中学校理科において,小学校との接続を意図した事象提示と働き掛けにより,生徒が観察,実験に目的意識をもって取り組む授業を目指すものである。中学校理科教員の意識調査を基に,事象提示と働き掛けの在り方を探るとともに,授業実践を通してその有効性を検証した。また,研究成果物として「観察実験課題提示・ワークシート集」を作成した。

五嶋 理

(角田市立金津中学校)

黒澤 かな子

(加美町立中新田中学校)

齋藤 義彦

(栗原市立若柳小学校)

ダイジェスト版

(PDF 1.7M)

研究報告書

(PDF 2.8M)

Miyagi Science
Web

教育相談
生徒指導

【主題・副題】

 児童生徒一人一人の人間関係を構築する力を高める指導・援助

 -サポートシートの作成と活用を通して-

【概要】

 少子化や情報化等を背景に,児童生徒が様々な人と関わる場や機会が減少し,社会性等が育ちにくい状況にある。そのため,学校教育において,児童生徒が他者と関わる経験を積み重ね,豊かな人間関係の構築を図る積極的な指導・援助が求められている。
 本研究は,児童生徒一人一人の人間関係を構築する力を高めるために,集団と個に応じた指導・援助についてサポートシートの作成と活用を通して探究するものである。

武山 雅志

(塩竈市立第三小学校)

紺野 知子

(気仙沼市立津谷中学校)

鈴木 純

(宮城県石巻北高等学校)

ダイジェスト版

(PDF 1.4M)

研究報告書

(PDF 0.8M)

サポートシート(Webサイト)

情報教育

【主題・副題】

 児童生徒の情報活用能力の育成

 -「みやぎ情報活用能力育成プラン」の提言を通して-

【概要】

 現代社会において,児童生徒の情報活用能力を育成することが重要性を増している。各学校では,情報教育に関する,より体系的な指導計画を作成し実践することが喫緊の課題となっている。本研究は,児童生徒に身に付けさせるべき情報活用能力の具体的内容を検討し,到達目標の一覧と授業モデルを「みやぎ情報活用能力育成プラン」として提言することで,児童生徒の情報活用能力を更に向上させることを目指すものである。

加藤 英樹

(登米市立米山東小学校)

勝又 健博

(石巻市立中里小学校)

千葉 孝明

(宮城県鹿島台商業高等学校)

ダイジェスト版

(PDF 2.3M)

研究報告書

(PDF 1.9M)

みやぎの
情報活用能力
育成サイトへ

防災教育

【主題・副題】

 自らの命を守り抜く児童生徒を育成する防災教育の推進

 -「防災教育トレーニングパック」の開発と活用の提言を通して-

【概要】

 自然災害が頻発する我が国では,防災教育を通して児童生徒に自然現象・災害に関する知識を身に付けさせ,主体的な判断力,行動力を培うことが極めて重要であり,本県においても,各学校で様々な実践がなされている。本研究は,学校防災教育を支援するための教材,指導例「防災教育トレーニングパック」を開発し,その活用を提言することで,自らの命を守り抜く児童生徒の育成を目指すものである。

森下 博史

(岩沼市立岩沼中学校)

高橋 健一

(亘理町立荒浜中学校)

平岡 拓

(宮城県石巻好文館高等学校)

ダイジェスト版

(PDF 2.2M)

研究報告書

(PDF 1.7M)

トレーニング
パックページへ

   
特別支援
教育

【主題・副題】

 特別支援学校高等部における就労支援の充実を目指して

 -就労支援の現状及び適応状況の調査結果に基づく提案-

【概要】

 近年,障害者の社会的自立を目指し,「福祉から雇用へ」の移行に向けた施策が講じられている。特別支援学校学習指導要領においても職業教育の充実を図ることが示され,高等部を中心として今後ますます働くことにつなげる指導が求められる。
 本研究では,特別支援学校高等部における就労支援の取組及び適応状況について調査を行い,現状と課題を明らかにし,就労支援の充実を目指した方策を提案する。

茂木 純子

(宮城県立古川支援学校)

今  秀樹

(宮城県立山元支援学校)

石田 文彦

(宮城県立名取支援学校)

ダイジェスト版

(PDF 1.5M)

研究報告書

(PDF 1.9M)

調査結果報告書

(PDF 1.4M)

進路指導計画
つなぐシート

(ZIP 1.5M)

   
▲このページのトップへ
 このサイトのPDFファイルをご利用になるには,ADOBE READER(無償)が必要です。PDFファイルが見られない時には,右のボタンをクリックしてダウンロードしてください。
ADOBE READERのロゴ
<問い合わせ先>
 宮城県総合教育センター研究開発班
研究開発班メールアドレス
Copyright(C) 2014 Miyagi Prefecture. All rights reserved